指先ケア

爪と指先をケアしよう

爪の健康のために実は大事なオフの方法


きれいに塗ったはずのマニキュアも気が付けばはがれています。そういうときは、一旦リセットしてまた新しいマニキュアを塗ります。爪の健康のためには、このオフするやり方が大事です。方法が悪いと爪を痛めることになり、爪の変色や軟弱化につながります。まず、爪を痛めにくくスムースに取るには、コットンを使用することが大事です。手元にあるし、安いからティッシュペーパーでやってしまうと効果は半減してしまいます。除光液の含みが足りずに、すぐに揮発してしまうからです。コットンにたっぷりの量の除光液を染み込ませます。裏から見てもしっかりと湿っているのがわかるくらいの量を使うのがコツです。コットンが用意出来たら、ネイルの上にしっかりかぶせます。コットンを擦らず押し付けたまま数十秒待ちます。この待つ時間が大事です。いきなりゴシゴシこすってしまうと時間ばかりかかるだけでなく、爪を痛めることにもつながります。待った後、爪の表面を軽く擦ってみて溶け出していればそのままふき取っていきます。溶けだしていなければ、もう少し時間を置きます。また、コットンに溶けてきたマニキュアで汚れてしまった面は使わず、新しい面でふき取るのも重要なポイントです。ケチってはいけません。1度に最低でもコットン2~3枚は使います。爪の健康を保ってネイルを楽しみましょう。


コメントを受け付けておりません。