指先ケア

爪と指先をケアしよう

爪の健康のために実は大事なオフの方法


きれいに塗ったはずのマニキュアも気が付けばはがれています。そういうときは、一旦リセットしてまた新しいマニキュアを塗ります。爪の健康のためには、このオフするやり方が大事です。方法が悪いと爪を痛めることになり、爪の変色や軟弱化につながります。まず、爪を痛めにくくスムースに取るには、コットンを使用することが大事です。手元にあるし、安いからティッシュペーパーでやってしまうと効果は半減してしまいます。除光液の含みが足りずに、すぐに揮発してしまうからです。コットンにたっぷりの量の除光液を染み込ませます。裏から見てもしっかりと湿っているのがわかるくらいの量を使うのがコツです。コットンが用意出来たら、ネイルの上にしっかりかぶせます。コットンを擦らず押し付けたまま数十秒待ちます。この待つ時間が大事です。いきなりゴシゴシこすってしまうと時間ばかりかかるだけでなく、爪を痛めることにもつながります。待った後、爪の表面を軽く擦ってみて溶け出していればそのままふき取っていきます。溶けだしていなければ、もう少し時間を置きます。また、コットンに溶けてきたマニキュアで汚れてしまった面は使わず、新しい面でふき取るのも重要なポイントです。ケチってはいけません。1度に最低でもコットン2~3枚は使います。爪の健康を保ってネイルを楽しみましょう。


王道フレンチネイルをジェルで仕上げるテクニック


ネイルアートの1つに、基本的にはホワイトのジェル、最近は他のカラーを使ったものもあるフレンチネイルと呼ばれるものがありますが、そのラインを書くのはなかなか難しいです。
ですが、驚くことにジェルを使えば簡単にできるのです。
ライトに当てなければ、何回でもやり直すことができます。

また、逆フレンチと呼ばれる、爪半月から指先にかけて異なるカラーを塗るもの、さらにダブルフレンチと呼ばれるフレンチが2重になっているもの、変形フレンチという面白い形のものなど、色々な種類があります。

これらにはホワイトのジェルを使います。
クリアジェルと同じメーカーのものを使いましょう。
そのクリアジェルを塗り、ライトで硬化させます。
そして、その部分をホワイトのジェルで塗ります。
この時、そのラインがガタガタになって綺麗に書けなくても大丈夫です。
ホワイトのジェルが付いた筆を拭いてから、そのラインの内側をなぞるような感じ、ラインのガタガタの部分を取り除くような感じに筆を動かします。
ホワイトのジェル用の筆と、ライン用の筆を用意すると良いかもしれません。
それから、一度、ライトで硬化させます。
最後にトップのジェルを塗り、ライトで硬化させます。


自宅でジェルネイルを施すのに必要なものは?


数年前に海外から日本へ上陸し、瞬く間に女性たちを虜にしていったジェルネイル、従来のマニキュアのあらゆる難点を、すべてクリアにしたような新しい技法が、幅広い年代の女性たちのハートをガッチリとつかみ、依然としてそのブームは衰えを見せていません。このブームに伴って、この施術が受けられるサロンも次々と増え、施術料金も少しずつ引き下げられてきているとはいえ、それでもやはり毎月楽しみたいとなると、そういった美容にお金がかけられる余裕のある女性に限られてしまうようです。しかし最近は、このジェルが自宅で自分でもできるように、サロンと同じような商材がインターネット通販などでも取り扱われてきているので、基本となるものをそろえてぜひ自分で楽しんでしまいましょう。何をそろえればよいのかわからない場合は、スターターキッドが便利です。そのジェルの種類によってUVランプや溶剤が違うので、自分が求め安い価格のものでセットになったものを選びましょう。それ以外には仕上がりをよりプロっぽくするためのラメや、ホロ、ストーンやデコシールなどがあれば、サロン並みのデザインが簡単にでき、また多少の失敗もカバーできるので揃えておくと便利です。


人気のジェルネイルの種類


人気が高まるジェルネイルは、硬さがあって長さを出しやすいハードジェルと、後で落としやすいソークオフジェルの2種類があります。
自分のネイルの状態、また希望する仕上がりによって使い分けましょう。
ネイルサロンで、ネイルの状態をよく見てもらうのも良いでしょう。

また、従来のものはハードジェルです。
その抜群の透明感と軽い装着感がずっと人気があるわけです。
ソークオフジェルに関しては、その中に長さを出しやすい種類もあります。
ネイルへの負担がより少ないところもソークオフジェルの特徴です。
共に塗ればつやを出すことができます。
そして、共にライトでA波とも呼ばれる紫外線を当てて硬化させるのです。
ただ、その落とし方は違います。

たくさんのメーカから、多種多様なブランドのハードジェルとソークオフジェルが発売されています。
その主成分については、各ブランドによって異なりますが、ハードジェルはアクリル酸オリゴマーと呼ばれるもの 、ソークオフジェルはポリウレタンアクリル酸オリゴマー呼ばれるものであることが多いです。
どの種類が自分に合うか分からないという人も多いでしょう。
そういう人は比較やランキングのサイトを参考にしましょう。


ネイルアートのエナメル、ジェル、スカルプ、チップの違いについて


ネイルは指先まで輝いていたい女性にとって必須のアイテムとなりました。
多くの女性が気軽にネイルを楽しみ、おしゃれに爪先を彩っています。
一口にネイルといっても様々な種類があり、施術方法も持ちも、イメージも変わってきます。
現在最も人気があるのがジェルネイルです。
このネイルはまるでお菓子のゼリーのような透明感ある輝やきが特徴で、しかも大変長持ちするのが魅力です。
この施術は爪を傷めずにでき、二枚爪などが気になる方でも安心して行うことができること、もちが良く1ヶ月以上も輝き続けることで、主婦などの利用も多いのが特徴です。
またこのネイルは自然乾燥で時間をかける必要がなく、UVライトを使って固めるので待ち時間が少ないというメリットもあります。
自宅で行う方もいて、専用のキットやUVライトを購入してセルフネイルを楽しまれる方もいます。
スカルプチュアはアクリルなどを使って爪の上にかぶせる人工ネイルをさします。
取り外しが自在なチップと違って、まるで自分の爪の一部のような一体感がこのスカルプチュアの魅力と言えるでしょう。
オフするときはセルフでは無理なので、かならずサロンでプロに外してもらう必要があります。
エナメルポリッシュ、チップ、スカルプチュアとさまざまな種類のネイルから自分にあったものを選びましょう。


手先がしっとりスベスベになる!寝てる間のケアのススメ。


寝ている間に、爪や手が乾燥していることはありませんか。特に水仕事などで、手荒れが酷い人は、毎日沢山の絆創膏をつけて、治らない荒れと戦うことも少なくないでしょう。皮膚科など、病院にいけば大抵ステロイド系の薬をくれますが、治ってはまた荒れて塗りの繰り返しです。手荒れや普段の手のお手入れには、ワセリンがおすすめです。

方法はとっても簡単。寝る前に水でよく手を洗い、水分が手に残るようにさっと拭いて、たっぷりのワセリンを手にとりよくなじませます。爪の先までしっかりと1分ぐらいなじませましょう。手に潤いを与えるためには、油だけでなく水分が必要なので、水分は必ず残します。そして、その後余分なベタつきをティッシュで軽く拭きとります。これで潤った手の完成です。後は、そのままの状態をキープするために手袋を使用します。使い捨てのものでも、絹のものでも良いですが、粉付きのゴム手袋等は避けましょう。

とっても簡単ですが、これだけで十分過ぎるハンドケアです。これを毎晩続けることで、潤いのある手になり、回数を減らしても潤いがキープできるようになるでしょう。ワセリンは、病院で貰わなくても、市販のもので良いので、お金もあまり掛からない嬉しい方法です。


美しい指先は毎日のハンドケアから


女性の老化は、首と手にあらわれるといわれています。
確かに、顔のケアをする人は多くいますが、手のケアを正しくしている人は多くありません。
手の美しさを保つことは、毎日のケアを欠かすことが出来ません。
ハンドケアとしての、方法は夜寝る前にお手入れをすることです。
まず、顔と同じようにキレイに汚れを、落とし洗い流します。
こうすることで、クリーム成分の吸収がよくなります
特に乾燥しがちな、指先は念入りに保湿をします。
そのあと、忘れずに手袋をすることでより効果が高くなります。
また、一日一回でいいので時間があるときに、ハンドマッサージをすることです。
このマッサージで、血行が良くなります。
そして、シミなどの防止にもなる美白効果のクリームを使うことで白くキレイな手になれます。
毎日の、顔のケアをした後に、忘れずに手のケアもすると、どちらもキレイな肌を持続できます。
顔もケアと、同じように手にもやさしくして下さい。
いくつに、なっても美しい白い手は、女性の憧れです。
老化が、進行する前から始めておくと肌も手も元気でいられます。
毎日の、努力を裏切ることは決してありません。
頑張った分だけ、肌はキチンと答えてくれるものです。


意外と知らない正しい指先ケア法


指先は意外とよく見られている部分です。しかし、炊事等で水にふれる機会の多い女性達は荒れてしまうことも少なくありません。水仕事がなぜ皮膚に影響を及ぼすのかというと、表面の皮脂が流れ落ちてバリア機能が損なわれてしまうからです。外的刺激に敏感に反応してしまったり、乾燥しやすくなるというリスクもあります。特に冬場はお湯を使うことが増えますので、乾燥の問題は深刻です。水にふれたらこまめに保湿効果のあるクリームを塗る等の対策が必要です。 また、爪にも注意を払うと美しさがアップします。爪の理想的な長さは白い部分が1~2m残っている状態であり、切る間隔は2週間に1度位がベストです。ネイルを行っている人は、ネイルオフした後によくマッサージを行っておくことで健康的な爪をキープすることができます。 ささくれが酷い場合には、水溶性のハンドクリームをお湯に溶かして少しの間浸けておくだけで良くなります。ささくれが気になると剥いてしまう人がいますが、そうすると余計に荒れてしまうので危険です。 必ずその人に合ったケア方法というものがありますので、まずは状態を確かめてから必要なケアが何なのかを考える必要があります。根気良くケアしていけば、トラブルにも強くなります。


内側から美しい爪を育てるのに摂るといい食材は?


人間の健康状態を診るときに、よく爪を診ます。
それは、その人の体の健康状態がわかるものなのです。
色一つで、様々な体の状態を察することができるのです。
健康であれば、色は桜貝色をしてつるつるとしています。
ところがどこか体に不調があると、色は黒ずんでいたりたてジワが入っていたりおうとつがあったりします。
時には、はがれたりすることもあることです。
そうなると何か健康を害していると察して、注意をする必要があるのです。
内臓疾患を患っている可能性もありますので、検査をしてみた方がよいかもしれません。
一番目につくところにあり、とても分かりやすいのでいつも気にかけておくとよいです。
健康な状態にもっていくことは、日々の食材選びから始まります。
体に良い物をたくさん取って、健康管理に気を付けることです。
不足しているものがあれば、その反応がすぐに出ます。
貧血の時などは、色が白っぽくなりますので血の気を増やすような食材をとります。
例えば、レバーやホウレンソウにお肉などを取って補います。
貧血の状態が回復すれば、元のきれいな色にもどりますのでとてもわかりやすいです。
いつも色具合を見ながら、食材管理をしていけば体を健康な状態に保てるということです。